導入事例

1R → 1K

一般的な1Rが現代的でおしゃれな1Kにみごとに変身。設備や収納の充実はもちろんのこと、
ウォールステッカーやLEDスポットライトなどデザイン性も高く、入居者をイメージした工夫が随所に光ります。

Before&After

Before

After

安心Reリースの仕組み

使いやすい間取りと設備をスタイリッシュに

Data

期間/約3ヵ月半(2戸)
間取り/1K(26㎡)
構造/RC造10階建て
竣工/1989年6月

1ヵ月(2戸)

250万円
(1戸当たり)
(エアコン・給湯器別)

工後

  • 1K
  • 独立洗面トイレ
  • ウォークインクローゼット
  • 2口コンロキッチン
  • LEDスポットライト
  • ウォールステッカー
独立洗面トイレ

最優先課題だった3点ユニットバスを「バス・トイレ別」に変更したいという希望を実現。アクセントカラーの茶色と鏡が効いた、おしゃれなバスルームは、とてもゆったりした印象です。脱衣所も兼ねた洗面トイレスペースには、棚も取り付けられ、使い勝手バツグンです。

  • ウォークインクローゼット

    キッチンの後ろのスペースを有効利用して、人気の高いウォークインクローゼットを設置。ドアをなくした「見せる収納」は、新鮮さがあり、プラスの印象に。広さも約2㎡あり、収納力も◎です。

  • 1R→1K

    1Rよりも人気の高い1Kに間取りを変更。キッチンは2口コンロタイプに。キッチンと居室の2つの空間が生まれました。

ウォールステッカー

部屋の第一印象が大切だと考えています。クロス張り替えに比べて、ウォールステッカーなら手軽にインパクトを出すこともできます。入居促進の新アイテムとして、注目度大です。

ご相談時のオーナー様のお悩み

  • 築23年の1Rを賃貸で安定運用したい

    駅から徒歩4分に好立地にある分譲マンションの6階ワンフロア7部屋を会社で所有し、事務所や社員寮として使っていました。そのうち2部屋が空いたので、安定した賃貸物件として回したいと考えています。しかし、築23年も経っていますし、間取りは最近あまり人気がないワンルーム。さらに3点ユニットバスで、収納もない部屋です。今どきの独身者が入りたいと思う部屋の間取りというものがありますか?またリノベーションの視点や工事をする時の注意点などありますのでしょうか?

    入居者に人気の「1K」へ間取りの変更を!
    オーナーさまに安心安定の賃貸経営をしていただくためには、入居者が途絶えない部屋にする必要があります。最近の調査で、一人暮らしを考える人に人気のない間取りは「ワンルーム」。また重視する部屋の設備条件として、「トイレとバス(風呂)の分離」が挙げられています。これらの入居者ニーズを取り入れ、ワンルームを1Kにし、バストイレを分離、収納も人気のウォークインクローゼットにするなど充実させて、入居者に魅力的で、住みやすさをイメージできる部屋にすることをお勧めします。

ご質問やご相談等、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。