土地活用施工例詳細

若い単身者が注目するコンクリート打放しの「デザイン賃貸」

若い単身者が注目するコンクリート打放しの「デザイン賃貸」 日当たりの違いを意識した内装で入居者のニーズに合わせた住環境を生み出す。古いアパートが見事なコンクリートの賃貸住宅に変貌した事例です。

解決前築39年の古い賃貸アパートを魅力的に変えたい!

こ今回の物件は築39年の木造アパートです。多くの年月を重ねた分、手すりやサッシなどのサビが雨水で壁に垂れ落ちているのが目立ったり、見た目にも「古い」という印象があります。古いままにしておくと、建物の老朽化による安全性も心配ですが、空室が発生しやすく、賃貸経営の観点からも良くありません。他の物件と比べて、「住んでいて気持ちがいい」「あの賃貸物件で暮らしてみたい」と思わせる大きな特徴や魅力が求められるのです。

解決後コンクリート打放しでまるでギャラリーのような外観に

建て替えに際し、若い単身の入居者にアピールするため、コンクリート打放しの壁が印象的なモダンな設計を採用しました。2階部分に大きな窓を設けることで、賃貸住宅の建物全体がまるで“ギャラリー”のようなイメージに仕上がっています。施工についてはコンペを行い、工事費用も最低限の範囲に抑えました。
室内は1階と2階で大きく雰囲気や間取りが異なり、入居者のニーズやライフスタイルに合わせて選べるようになっています。
1階の部屋は、狭小地であり、周りの建物が隣接しているため、日当たりがあまりよくありません。そこで内装には、ホワイト系を基調としたフローリングやクローゼットを採用しました。窓から入ってくる少ない光を有効に反射させ、室内全体をまんべんなく明るく見せています。

2階の部屋は大きな窓を生かし、あえてダークブラウンのフローリングや建具をアクセントにしました。キッチンの換気扇カバーやカウンター部分の縁取りもダークブラウンで統一することで、明るさの中にシックで落ち着いた高級感を演出しています。